Daily Archives: 2015年11月22日

  • -

一言では言えない??結婚指輪はいくつかデザインがある

プロポーズに必要な指輪

誰もが一度はプロポーズされたらと妄想したことはあるでしょう。思い出の場所や憧れの場所。自宅で何気ない時にしてもらいたいなど、理想の場所、理想のシチュエーションでプロポーズをされたいですよね。そんな人生の中でとても重要なプロポーズをされたときに、結婚指輪を出してプロポーズされたいですよね。一言で「結婚指輪」と言っても、色々なデザインがあることはご存知でしょうか?その中の数種類紹介していきたいと思います。

もし結婚指輪を貰ったらどんなデザインが欲しい?

まずは、一粒ダイヤモンドがのっているリング。これは、漫画などにもよく描かれる王道のデザインですよね。シンプルですかダイヤモンドの存在感があります。次に、エタニティリング。これは、リング一周にダイヤモンドが付いている華やかなデザインです。そこに、一粒のダイヤモンドが付いたらどこから見てもキラキラと輝く指輪自体に存在感が増します。そして、ハーフエタニティリング。こちらは、文字通りエタニティのハーフとなるので、リングの半分にダイヤモンドが付いているデザインになります。指の腹の部分にはダイヤモンドがないので、指輪があたって石が取れるという心配はなくなります。

理想の結婚指輪を見つけましょう!

結婚指輪のデザインはブランドによってもデザインの思考があるので、自分の好みのブランドをみつけたり、理想を追求するのならば作ってもらうのも一つの手だと思います。私は亡くなった大好きな祖父が大好きだったカサブランカと言う名前の付いたデザインも好みだった指輪がたまたまあったので、運命の出会いのようにそれに決めていただきました。サプライズではなかったのは残念でしたが。自分好みの指輪を彼が選んでプロポーズをしてくれたらとても嬉しいですよね。デートの時などにジュエリーショップでさりげなく好みのデザインを伝えてみるのもいいですね。

結婚式を挙げるなら、結婚指輪が必要になってきます。結婚式本番にうまくつけるために自宅で予行演習をしたいものです。早めに購入するようにしましょう。


  • -

機械式時計を修理してもらう場合にどこに依頼すべきか?

販売メーカーでの修理が安心できる

機械式時計は部品の数が多く、その影響で故障をしてしまうという場合もあります。これは構造上仕方のないことで、オーバーホールをしていても避けることはできません。そこでいざ修理をする場合、どこで修理してもらうのがベストなのでしょうか。一番安心できるのが、販売したメーカーにやってもらう方法です。当然製品に関する知識は充実しているので、故障個所に対して適切な対処をしてもらえます。また、保証期間であれば無料で修理をしてもらうことが可能です。

街の時計屋さんという選択肢も

ただし、メーカー修理は確実である分、どうしても時間がかかってしまいます。そのため、すぐに修理を終わらせたいという方には向いていません。そのような方には、街の時計屋さんに修理を依頼するという方法をおすすめします。お店の人がすぐに修理を開始するので時間を短縮できますし、修理代金もメーカー修理より安いのが一般的です。デメリットは、複雑な故障や部品がないといった場合には対応ができないこともある点です。したがって、状況に合わせた利用を推奨します。

故障の確率を下げるには日々のメンテナンスを!

やはりメンテナンスをしっかりとしておいて方が、機械式時計の故障の確率を下げることができます。そして、機械式時計で最も重要なメンテナンスがオーバーホールです。これは、一度時計をばらして手入れをする作業のことを言います。最近の機械式時計は品質も向上しているため、毎年のようにやる必要はありませんが、4、5年に1度はやっておくと安心です。その際に不具合を発見できる場合もあるので、故障が複雑になる前に対処できるというメリットもあります。機械式時計を持っている方は、考えておくと良いでしょう。

オーデマピゲはスイスの高級時計メーカーです。ベゼルやケースが八角形のロイヤル・オークというスポーツ・ウォッチが代表的なモデルとして知られています。