壁面緑化で涼しく生活し、花や野菜の収穫を楽しもう!

  • -

壁面緑化で涼しく生活し、花や野菜の収穫を楽しもう!

壁面緑化ブームがきています!

日本では特に都会で緑が少なくなってきたと言われ始めて久しいですね。そんな中、人気が広がりつつあるのが、壁面緑化です。壁やベランダ伝いに植物を成長させることを言います。夏場は緑のカーテンとなって涼しく過ごすことができると人気です。生活を快適にするほかに、緑を増やすことによって、二酸化炭素を減らそうという取り組みでもあります。壁面緑化で育てられる植物はどのようなものがあるのでしょうか。今回はおすすめの植物をご紹介します。

壁面緑化には常緑植物がおすすめ!

壁面緑化で使用する植物は、多年草や木本性植物、つる性植物の3種類に分けられます。冬に葉が落ちてしまうような落葉植物は葉が散ってしまい掃除などが大変になったり、冬場の景観が悪くなるために避けたほうが良いでしょう。基本は、年中、緑色の葉を付ける常緑植物を使用します。壁面緑化を初めて行う方にはつる性植物がおすすめです。つる系には自力で壁を登るものとフェンスなどに絡まりながら這い上がっていくようなものがあります。

ついでに花を観賞したり野菜を食べたりしちゃおう!

壁面緑化では、花が咲いたり野菜を育だつものが人気があります。アサガオやユウガオのような花を楽しむことができる植物や、ゴーヤやきゅうりなどが収穫できる野菜が育てやすいです。アサガオやユウガオは生育が旺盛なのでつるの整理をしないと部屋が暗くなってしまうほど育ってしまうので剪定が必要です。野菜類は害虫が付きにくい強い品種を選ぶことが大切です。家の外壁やベランダで育てることになるので、害虫を見つけたらすぐに駆除をして農薬をあまり使わないようにしましょう。

壁面緑化とは、ビルなどの建物の壁を植物で覆うことで、こうすることで太陽の光が直接当たらないので涼しく過ごすことができます。